Mio Project - ジャパンシリーズ第2戦富士見パノラマ大会レースレポート

MioProject
 
Mio Project »RaceReport »ジャパンシリーズ第2戦富士見パノラマ大会レースレポート

RaceReport

Posted:10.05.31|Comment:0

002

ジャパンシリーズ第2戦富士見パノラマ大会レースレポート

  • 大会名:JCFジャパンシリーズDH第2戦
  • 開催日:2010年5月29日
  • 開催地:長野県富士見パノラマスキー場
  • 天 候:晴れ
  • 順 位:DH女子エリート1位
  • バイク:INTENSE 951

ジャパンシリーズ第2戦は長野県富士見パノラマスキー場で開催されました。
富士見パノラマでは今年7月に全日本選手権、9月にジャパンシリーズ第3戦と合計3戦レースが開催されるので、今回は次の2戦につながる重要なレースでした。

普段は常設コースとして多くのライダーが集まる富士見パノラマ、今回は上級コースのAコース下部使用していましたがレース用にレイアウトが変更されていて、いつもの常設コースとはまたひと味違うコースを走る事が出来ました。
今回の目標ももちろん男子予選通過。
大会前日に行われたタイムドセッションでは22位相当のタイムだったものの、走り慣れたライダーも多く、天気も晴れでコンディションも良いので、当日は予選通過ボーダーラインがさらに高くなるように思いました。

<予選>
いつも通りコースの最終確認を兼ねてスタートしました。
途中ラインをミスしたりなど、細かいミスはありましたが転倒もなくミスで大幅なタイムロスもなくゴール。
タイムは前日のタイムドセッションより1秒遅くなってしまいましたが、1位で予選通過。
惜しくも予選タイムでは男子予選34位で、予選タイムでの予選通過はなりませんでした。

*予選結果*
1位末政実緒
2位服部良子
3位飯塚朋子
4位木下論子
5位尾芦資子

<決勝>
朝の天気予報で午後から天気が悪くなり、もしかすると雨が降るかもしれないと聞き、念のためスペアのAclass REVOLTホイールに雨用タイヤをセットしました。
大気の状態が不安定で時々雲が多くなったりはしましたが、幸い雨が降る事はなくドライコンディションの中決勝が始まりました。
予選はそれなりのペースでは走ったものの予選通過まで1秒だったので、決勝では全体的なスピードを上げて走る事にしました。
スタートからゴールまで漕げる所は漕ぎワールドカップの決勝並みに攻め、無難に勝ちたいなんて言葉は頭にはなく、必死になってゴールへ向かいました。
集中出来ていたおかげか大きなミスもなく、予選ボーダーラインの2分52秒台をクリアし2分49秒でゴールし優勝。

*決勝結果*
1位末政実緒
2位飯塚朋子
3位服部良子
4位中村美佳
5位木下論子

今回は予選通過は厳しいように思っていましたが、決勝タイムは予選22位相当、決勝25位相当だったのですごく自信につながる良いレースでした。
去年までどこか無難に走ってと頭のどこかであったものが、今年は男子のタイムを意識し目標に走っているおかげかなくなり、特に今回はミスを恐れず全開で走れてたので、ワールドカップに向けての練習になりました。
次のJシリーズでは予選タイムで予選通過出来るように、コーナリングテクニック等を磨きさらにレベルを上げていきたいと思います。

次のレースは6月6日スコットランド・フォートウィリアムで開催されるワールドカップDH第2戦です。
今回からしばらくダウンヒルに専念する予定です。その分より一層力が発揮出来るよう頑張ってきます!

応援ありがとうございました!

Share on Facebook

DIRTFREAK/SARACEN
末政実緒 mio suemasa

投稿日:10.05.31 | コメント:No Comments

« | »
0件

コメント・トラックバックは締め切りました

コメントはありません