Mio Project - CJ-U八幡浜国際MTBレース2019レースレポート

MioProject
 
Mio Project »RaceReport »CJ-U八幡浜国際MTBレース2019レースレポート

RaceReport

Posted:19.07.09|Comment:0

CJ-U八幡浜国際MTBレース2019レースレポート

61558762_2435445686572348_1945294424703500288_n

大会名: CJ-U八幡浜国際MTBレース2019
開催日:2019年5月26日
会場:愛媛県八幡浜市八幡浜市民スポーツパーク
コンディション:晴れ(ドライ)
順位:女子エリート4位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS IKON 29×2.20 (F), MAXXIS IKON 29×2.20 (R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (PRIZM ROAD Lens)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ Women’s
チェーンルーブ:フィニッシュラインe-bikeチェーンルーブ

国内のクロスカントリーでは唯一UCI class1である八幡浜国際MTBレースに参戦しました。
UCI class1ということもあり国際色豊かで女子エリートも4カ国の選手が出場しました。

コースは全長4.3km、前半はやや下り基調のシングルトラックが続き、後半は新設された急斜面のパワークライムや木の根が貼り巡ったシングルトラックがありました。
コースコンディションは連日の晴天で砂煙が立つほど乾ききっていて、下りはブレーキをかけてもききにくいほどパウダー状の砂地だったので、タイヤは前後IKONにしてブレーキとコーナリングのコントロール性を重視しました。
前日の試走ではコンディション調整がうまくいっておらず、体調が優れず集中力に欠けていて、軽くコースチェック程度にとどまってしまいました。

レース当日は5月とは思えないほど暑さでした。
比較的暑さには強い方ですが、暑くなる時間帯のレースに備え水分補給をいつもより多く取り、スタート前にしっかり身体を冷やすなど対策を取りました。
レースは5周回で行われました。
スタートは様子を見ながら走り始めましたが、徐々に先頭3人が一歩先に出て離れていき、第二集団の3番目でシングルトラックに入りました。
前日の試走が少なかったこともあり、なかなか上りでの力が入らず下りではなかなか前をパスできず、第一集団に離れていく一方でした。
最初の3周はとてもきつく、5周回走り切ることも出来るか心配になるほどでした。
しかし前日に受けたスポーツアロマコンディショニングのケアのおかげでラスト2周は力も入り脚も回り、徐々にペースを上げることが出来ました。
3番手に追いつくには手遅れでしたがそのまま順位を死守し4位でゴールしました。

1位 DORMITORIO Ariana Thea Patrice
2位 TSAI Ya Yu
3位 今井美穂
4位 末政実緒

今回は前回の朽木に比べると少し進歩が見られるようになりましたが、今回は特にレース前日までのコンディショニングがうまくいかず苦労しました。
以前なら準備から当日までレースに専念出来ましたが、これからは自分のケアも含めレースまでの準備など見直さなければと痛感しました。
レースを重ねながら改善していき、快適にレースが出来る環境を作っていきたいと思います。
次回は6月30日のCJ-U富士見パノラマに参戦予定です。
CJ-U富士見パノラマまで約一ヶ月、試行錯誤しながら更にレベルアップしていきたいと思います。

八幡浜国際MTBレースでの応援ありがとうございました。
最後になりましたが、今回レース期間中に娘の世話などレースに集中する環境を作ってくださった宮崎県宮崎市にある車楽屋輪店さん、ありがとうございました!

*写真は高野様のFacebookより拝借いたしました*

Share on Facebook

DIRTFREAK/SARACEN
末政実緒 mio suemasa

投稿日:19.07.09 | コメント:No Comments

« | »
0件

コメントはありません

コメントする





コメントフィードを購読する

トラックバックURL