Mio Project - 第32回全日本選手権大会レースレポート

MioProject
 
Mio Project »Diarytitle_li=RaceReport »第32回全日本選手権大会レースレポート

Diary

Posted:19.07.25|Comment:0

第32回全日本選手権大会レースレポート

EDGE4094

大会名:第32回全日本選手権大会
開催日:2019年7月21日
会場:秋田県田沢湖スキー場
コンディション:晴れ(ドライ)
順位:クロスカントリー女子エリート2位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS ARDENT RACE 29×2.2(F), MAXXIS BEAVER 29×2.0(R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (RRIZM ROAD)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ Women’s
チェーンルーブ:フィニッシュライン Eバイクチェーンルブ

今年一つ目標にしていた全日本選手権が7月21日ついに開催されました。
会場となったのは全日本選手権は11年ぶりとなる秋田県田沢湖スキー場、前回はダウンヒルだったのでクロスカントリーでは初めての田沢湖でした。
今季朽木から復帰し八幡浜、富士見パノラマと徐々にレース感覚を取り戻し毎回課題が見え、富士見パノラマから3週間出来る限りの練習を重ね挑みました。

コースは全長4600m、前半は下り基調のシングルトラックやダブルトラックが続き、後半は登りのダブルトラック、シングルトラックが淡々と続くコースでした。
試走は前日の雨の影響でセミウェットでぬかるみも多かったですが、天気が回復して路面は乾きつつありましたが、所々水が多く含んだ柔らかい路面もありました。
シングルトラックは滑りやすい木の根や石が多かったので、フロントタイヤはMAXXISアーデントレース、ダブルトラックは緩くて重い路面でのトラクション、漕ぎの軽さを考えマッドタイヤのMAXXISビーバーを試し、前日の試走ではいい感触を得ることが出来ました。

レース当日は朝から晴れ。路面は見る限り水が流れているところ以外は乾いていましたが、リアタイヤのビーバーは漕ぎが思いの外軽く、折返し地点の柔らかかった登りの路面の状況が分からず、ドライでもタイヤの影響がないと思い変更なしでいきました。
女子は4周回で行われ、気温がぐんと上がった12時からのスタートでした。
今回のコースは後半長い上りが続くので、フィードゾーンでの掛水で暑さ対策をしました。
スタートの反応は良く二番手でスタートエリアを通過しました。
スタートからしばらく下りが続くため、無理をしてでも前に出たいと思い必死に先頭に食らいつこうとしましたが、ついて行けずその後折返しの登りで大失速。
登りで全く力が入らなくなってしまい長く辛い時間がしばらく続きました。
JL21_1219_7SZK19
このままペースが上げられず終わってしまうのかと頭をよぎりましたが、 徐々にペースを取り戻し3周目には前の選手を捉えることが出来て女子エリート2位のポジションに上がりました。
前を追いかけるには離れすぎていましたが、今のポジションを守り2位でゴールしました。

JL21_1438_7SZK19

1位 今井美穂
2位 末政実緒
3位 小林可奈子

今年一つ大きな目標として掲げていた全日本選手権、今の実力差がきっちりと成績になって現れたレースでした。
トップとのレベル差を埋めきれなかった悔しさと、埋めるほどの練習時間が作れなかったもどかしさで、モヤモヤした気持ちが残るレースでした。
しかし、昨年の今ごろは自転車に乗るどころか怪我で歩くことすらままならない状態だったことを思うと、全日本に向けて出来る限りのことは出来たのかなと思います。
久々にこんな悔しい気持ちになれるのも、家族や応援してくださっている方々の支えがあるからこそです。
再び全日本選手権を走ることが出来たことに感謝し、今回感じた差を工夫と経験で少しづつ埋めていきたいと思います。
応援ありがとうございました。
次回は8月11日に開催されるCJU白馬国際に出場する予定です。
応援ありがとうございました。

ヨツバサイクル
末政実緒

写真提供:鈴木英之/edgefotos

Share on Facebook

DIRTFREAK/SARACEN
末政実緒 mio suemasa

投稿日:19.07.25 | コメント:No Comments

« | »
0件

コメント・トラックバックは締め切りました

コメントはありません