Mio Project - Diary

MioProject
 

Diary

昨年、株式会社ダートフリーク様を始め、マヴィックジャパン株式会社様、株式会社マルイ様、ルックスオティカジャパン株式会社、株式会社Reaps-Factory.様のご協力の下レース活動に復帰することが出来ました。
2020年は上記企業様のご協力に加え、ウインクレル株式会社様のご協力によりSANTA CRUZのフルサスペンションXCバイクBlur(ブラー)と共にレース活動いたします。
そして、今季はダートフリーク様よりSRAMワイヤレス電動変速システム『Eagle AXS(アクセス)』を使わせていただくことになり、今まで以上に快適なバイクに仕上がりました。

EDGE3006_ps_2k


2020年の目標はアジア選手権優勝、全日本選手権優勝、そして東京オリンピック出場権獲得が最大の目標です。
国内レースではヨツバサイクルブースでレース会場を盛り上げて参ります。

EDGE3108_2k

そしてここで皆様へご報告です。
2020年の全日本選手権を最後に競技から一線を退くことを決意しました。
今季で競技人生最後の挑戦となりましたが、競技人生に悔いがないよう最後まで全力で挑みたいと思います。
応援何とぞよろしくお願いいたします。

チーム:ヨツバサイクル

【スポンサー】

・メインスポンサー

株式会社ダートフリーク様
SRAM(コンポーネント)
FOX(レースウェア、ヘルメット)
UNIOR(工具)

・サプライヤー(50音順)

ウインクレル株式会社様
SANTA CRUZ(バイク)

マヴィックジャパン株式会社様
MAVIC(ホイール、シューズ)

株式会社マルイ様
MAXXIS(タイヤ)
FINISH LINE(ケミカル)
GIZA PRODUCTS(ステム)
ERGON(グリップ)
TOPEAK(ボトルゲージ)
TANGE(ヘッドセット)
KOKORO CARE(IS-Xノロクローザー)

株式会社Reaps-Factory.様
ウェブサイト制作

ルックスオティカジャパン株式会社様
OAKLEY(アイウェア)


Photo: Hideyuki Suzuki

Share on Facebook

投稿日:20.01.03 | コメント:コメントは受け付けていません。

Diary

_SL54415-Edit1

来年に迫った東京2020オリンピック。
オリンピック選考に大きく関わってくるアジア選手権が2月にタイで開催されます。
この度このアジア選手権に派遣していただけることになりました。
今年クロスカントリー競技に復帰するも、2年というブランクと出産、育児、そして昨年の怪我の影響でなかなか以前のような走りが出来ずにいましたが、国内のUCIポイントレースに出場して自分なりに東京オリンピックを目指す準備はしてきました。
正直なかなか先が見えて来ない状況ではありましたが、来年のアジア選手権に派遣していただけることになりオリンピックを目指すチャンスを得ることが出来ました。
厳しい状況であるのは間違いありませんが、このチャンスを無駄にしないようしっかりアジア選手権で結果を残したいと思います。
応援よろしくお願いいたします。

アジア選手権大会派遣詳細はこちら

Share on Facebook

投稿日:19.12.30 | コメント:1 Comment »

Diary

74888338_2745641465552767_1961266239846219776_o

大会名:Coupe du Japon  CJ-1 KYOTO ゆぶね STAGE
開催日:2019年11月10日
会場:京都府和束町湯船森林公園
コンディション:晴れ(ドライ)
順位:クロスカントリー女子エリート1位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS IKON 29×2.2(F), MAXXIS IKON 29×2.2(R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (PRIZM ROAD)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ
チェーンルーブ:フィニッシュライン Eバイクチェーン

CJU下関国際から約一ヶ月、長かったCoupe du Japonシーズンは最終戦を迎えました。
下関以降シーズンの疲れが度重なる体調不良で、シーズン通してパフォーマンスを維持する難しさを痛感しました。
しかし、今回シリーズタイトルがかかった大会だったためモチベーションだけでも上げて挑みました。
タイトルを争っていた橋口選手がDNSになってしまいスタート前にタイトルが決まってしまう寂しいレースとなりましたが、ゴールまで気を抜かず走り切ることを心がけました。

会場はCJ1では初めの湯船森林公園で開催されました。
常設コースである湯船MTB LAND内に作られた特設コースは里山のトレイルライドの要素もあり、常設らしく作り込まれたセクションもあり、色んな要素が入った変化に富んだレイアウトでした。
淡々とした登りの多いスキーゲレンデでのコースとは違い、里山らしく急斜面の短い登りが多くフィジカル的にもハードなコースでしたが、得意なジャンルのコースでした。
コース内には木の根が多いもののコースコンディションはドライで滑らず、砂利のコントロール性が良いMAXXISアイコンを前後チョイスしました。

レースは約4kmのコースを4周回で行われました。
スタート直後はアスファルトの登りがしばらく続き、ダートに入ってからはシングルトラックの急斜面が続くため、飛ばしすぎずシングルトラックに入る前に先頭に出る作戦でいきました。
スタートはユース選手が勢いよく出たものの、ダートに入るまでにパスすることが出来て一番手にシングルトラックに入りました。
急斜面ではペースを上げすぎずマイペースで走りましたが、後ろのライダーの気配がなくなり一人旅が始まりました。
今回はゴールまでトラブルなく走り切ることが目標だったので、登りではシフティングを丁寧に、下りではパンクに注意しながら慎重に走りました。
とはいえ下りはとても楽しいレイアウトだったので、流れよく楽しみつつ順調に走り1位でゴールしました。

1位 末政実緒
2位 平田千枝
3位 重兼みゆき

75412328_2745654295551484_8918912353681014784_o

5月のCJ朽木から再びレースに参戦したこの一年、初めは全く走れずまさか今年シリーズタイトルを獲得出来るとは想像すらついていませんでした。
もう一度レースを走りたいという思いで復帰したものの、今までと環境が違う中でのレースに戸惑い、自分のペースで練習出来ないもどかしさなど、色んな気持ちが常にありました。
しかし家族の協力でレースに参戦することが出来、応援してくださる皆様の温かいお言葉に助けられ、走る原動力となりました。
そして何より、レース活動を応援してくださっている企業様のサポートなしでは走ることは出来ませんでした。
たくさんの方に支えられ今シーズン復帰し、後半2連勝でシリーズ獲得出来たことに感謝いたします。
2019シーズン応援ありがとうございました。

ヨツバサイクル
末政実緒

写真は高野様のFacebookからお借りいたしました。

Share on Facebook

投稿日:19.11.18 | コメント:2 Comments »

Diary

68471379_2569131273203788_5811587262592319488_n大会名:Coupe du Japon Class 3 白馬国際大会
開催日:2019年8月11日
会場:長野県白馬クロスカントリー競技場スノーハープ
コンディション:晴れ(ドライ一部ウェット)
順位:クロスカントリー女子エリート3位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS ARDENT RACE 29×2.2(F), MAXXIS IKON 29×2.2(R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (PRIZM TRAIL)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ Women’s
チェーンルーブ:フィニッシュライン Eバイクチェーンルブ


全日本選手権から3週間後UCIクラス3レースが白馬クロスカントリー競技場スノーハープで開催されました。
全国ユース選抜MTB大会やCJシリーズでおなじみの会場ですが、今まで出場する機会がなく今回初めて白馬でのレースでした。
コース全長4.5km、アップダウンを繰り返すダブルトラックが大半を占め、時折シングルトラックがあるりましたが、技術というより脚力勝負のパワーコースでした。
得意とするテクニックを活かせられるコースではなかったので、脚力勝負にどれだけついていけるかが不安要素であり、自分の今のレベルを知るチャンスでもありました。
大半が固い路面のダブルトラックでしたが、シングルトラックは連日の夕立で若干湿って滑りやすくなっていたので、タイヤはフロントがアーデントレースでシングルトラックでのグリップ力重視、リアはアイコンで固い路面での転がりを重視しました。

68586807_2569122089871373_7386508506829946880_n
長野とは思えないほどの暑さの中でのレース、水分補給を大会前々日からしっかり行いレースに備えました。
女子エリートは4周回、スタートはダッシュしすぎないように様子を見ながら走り、最初のアップダウンのあるダブルトラックでは女子エリート3番手につけました。
かすかに見える先頭の姿についていこうと1周目の後半に一時2位に浮上するも、2周目に入るとペースダウンしてしまい3番手に。
そして、2周目の後半にフィードで掛水を取るのに失敗し、暑さの影響もあり更にペースダウンし4番手まで後退してしまいました。
3周目は辛い時間が続きましたが、3周目ではフィードで掛水が手に入ったおかげもあり、最終ラップでは徐々にペースが上がり3番手の姿が見えるようになりました。
このまま4位で引き下がるわけには行かないと必死に後ろ姿を追いかけ、ついに中盤で追い越すことが出来ました。
そのまま最後の力を振り絞り3位を死守し白馬国際は3位でフィニッシュしました。

1位 今井美穂
2位 川口うらら
3位 末政実緒


今回順位的には3位でしたが、今シーズン始めの頃は登りをこなすことが精一杯の走りだったのが、ようやくXCらしい走りが出来るようになってきたかなと思います。
そしてまだ改善すべき点は多いですが、ラップタイムを見る限り少しづつ進歩しているように思えたレースでした。

応援ありがとうございました。
ヨツバサイクル
末政実緒

*写真は高野様のFBからお借りしました。

https://www.facebook.com/mitsuo.takano2/media_set?set=a.2569111046539144&type=3

Share on Facebook

投稿日:19.08.22 | コメント:コメントは受け付けていません。

Diary

EDGE4094

大会名:第32回全日本選手権大会
開催日:2019年7月21日
会場:秋田県田沢湖スキー場
コンディション:晴れ(ドライ)
順位:クロスカントリー女子エリート2位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS ARDENT RACE 29×2.2(F), MAXXIS BEAVER 29×2.0(R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (RRIZM ROAD)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ Women’s
チェーンルーブ:フィニッシュライン Eバイクチェーンルブ

今年一つ目標にしていた全日本選手権が7月21日ついに開催されました。
会場となったのは全日本選手権は11年ぶりとなる秋田県田沢湖スキー場、前回はダウンヒルだったのでクロスカントリーでは初めての田沢湖でした。
今季朽木から復帰し八幡浜、富士見パノラマと徐々にレース感覚を取り戻し毎回課題が見え、富士見パノラマから3週間出来る限りの練習を重ね挑みました。

コースは全長4600m、前半は下り基調のシングルトラックやダブルトラックが続き、後半は登りのダブルトラック、シングルトラックが淡々と続くコースでした。
試走は前日の雨の影響でセミウェットでぬかるみも多かったですが、天気が回復して路面は乾きつつありましたが、所々水が多く含んだ柔らかい路面もありました。
シングルトラックは滑りやすい木の根や石が多かったので、フロントタイヤはMAXXISアーデントレース、ダブルトラックは緩くて重い路面でのトラクション、漕ぎの軽さを考えマッドタイヤのMAXXISビーバーを試し、前日の試走ではいい感触を得ることが出来ました。

レース当日は朝から晴れ。路面は見る限り水が流れているところ以外は乾いていましたが、リアタイヤのビーバーは漕ぎが思いの外軽く、折返し地点の柔らかかった登りの路面の状況が分からず、ドライでもタイヤの影響がないと思い変更なしでいきました。
女子は4周回で行われ、気温がぐんと上がった12時からのスタートでした。
今回のコースは後半長い上りが続くので、フィードゾーンでの掛水で暑さ対策をしました。
スタートの反応は良く二番手でスタートエリアを通過しました。
スタートからしばらく下りが続くため、無理をしてでも前に出たいと思い必死に先頭に食らいつこうとしましたが、ついて行けずその後折返しの登りで大失速。
登りで全く力が入らなくなってしまい長く辛い時間がしばらく続きました。
JL21_1219_7SZK19
このままペースが上げられず終わってしまうのかと頭をよぎりましたが、 徐々にペースを取り戻し3周目には前の選手を捉えることが出来て女子エリート2位のポジションに上がりました。
前を追いかけるには離れすぎていましたが、今のポジションを守り2位でゴールしました。

JL21_1438_7SZK19

1位 今井美穂
2位 末政実緒
3位 小林可奈子

今年一つ大きな目標として掲げていた全日本選手権、今の実力差がきっちりと成績になって現れたレースでした。
トップとのレベル差を埋めきれなかった悔しさと、埋めるほどの練習時間が作れなかったもどかしさで、モヤモヤした気持ちが残るレースでした。
しかし、昨年の今ごろは自転車に乗るどころか怪我で歩くことすらままならない状態だったことを思うと、全日本に向けて出来る限りのことは出来たのかなと思います。
久々にこんな悔しい気持ちになれるのも、家族や応援してくださっている方々の支えがあるからこそです。
再び全日本選手権を走ることが出来たことに感謝し、今回感じた差を工夫と経験で少しづつ埋めていきたいと思います。
応援ありがとうございました。
次回は8月11日に開催されるCJU白馬国際に出場する予定です。
応援ありがとうございました。

ヨツバサイクル
末政実緒

写真提供:鈴木英之/edgefotos

Share on Facebook

投稿日:19.07.25 | コメント:コメントは受け付けていません。

次のページ »