Mio Project - RaceReport

MioProject
 

RaceReport

64313757_2316432435241331_2977313437446569984_n

大会名:Coupe du Japon 富士見国際
開催日:2019年6月30日
会場:長野県富士見パノラマリゾート
コンディション:雨(マッド)
順位:クロスカントリー女子エリート3位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS ARDENT RACE 29×2.2 (F,R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (Clear Lens)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ Women’s
チェーンルーブ:フィニッシュライン ウェットバイクルブリカント

6月30日富士見パノラマでUCIクラス3であるCJU富士見パノラマ大会が開催されました。
前回の八幡浜国際クロスカントリーから約一ヶ月、家族の協力を得ながらトレーニングの時間を作りフィジカル強化に努めました。

大会当日は朝から雨、降ったり止んだりを繰り返す不安定な天気でした。
レースは男子チャレンジクラス、アドバンスクラスの後、男子マスタークラスの2分後にスタートでマスタークラスとの混走でした。
レース直前までタイヤをオールラウンドタイヤのMAXXISアーデントレースか、マッドタイヤであるMAXXISビーバーか悩みました。
常設コース部分は路面はある程度固いと見込み、前日の試走で少し湿った路面でとても好感触を得ていたアーデントレースを選びました。

65901140_2414428048795185_7571204628977549312_n
女子エリートは4.3kmを4周回で行われました。
スタート直前に女子エリート前に終わったアドバンスクラスのライダーの様子を見て、ビーバーにした方が良かったかも…と思いつつ、招集が始まってしまいそのままスタート。
スタートしてすぐの砂利道、ゲレンデは問題なく走れ、シングルトラックを二番手につけて入りましたがここから状況が一変!
森の中はニュルニュルとした路面でコーナーで180度スピンで転倒してしまい、その直後にフロントタイヤを滑らせ木に激突し後方選手と多重衝突したりと、ここでタイヤの選択ミスを確信しました。
そして、バイクにはみるみるうちに泥がついていきチェーントラブルに見舞われ、一周目を終える頃にはずいぶんと遅れを取ってしまいました。
時折強くなる雨脚に少し泥が緩くなりなんとか走れるときもあれば、雨が止んで一瞬にして泥が重くなり泥に足元を取られそうになったり、チェーントラブル止まってしまったりを繰り返しました。
途中フィードをしてくれている主人からフィードゾーンでのマッドタイヤへの交換を勧められるも、ホイール交換に費やす時間を挽回出来るかわからず断ってしまいましたが、この判断もまた裏目に…。
泥とチェーントラブルと格闘を続け、最終ラップに入ったときに今度は主人からチェーンの泥を水で落とせばトラブルが解消出来るかもしれないとピットインを勧められ、最終ラップの第一フィードでピットイン。
素早く水でチェーンに付いた泥を洗い流してもらい再スタート。
幸い最終ラップはチェーントラブルも発生せず、一時は4番手に下がっていた順位も3番手まで上がりそのまま維持して3位でゴールしました。

1位 今井美穂
2位 小林加奈子
3位 末政実緒

今回は事前に雨だとわかっていたにも関わらず、雨、泥の対策を十分に取れていなかった事を痛感し、反省ばかりしかない後味の悪いレースになってしまいました。
そして、いくらいい機材を持っていても乗り手の使い方を誤ると持ち味を発揮出来ない、機材スポーツの難しさも再認識しました。
フィジカルがどれだか成長したのかあまり分からず不完全燃焼気味でしたが、鈍ってしまったレース感覚を取り戻すにはとてもいい経験が出来たので、この経験を次に生かしていきたいと思います。
次回のレースは秋田県田沢湖で開催される全日本選手権大会です。
泣いても笑っても年に一度きりの全日本選手権、全力で挑めるよう調子と気持ちを高めて行きたいと思います。
応援ありがとうございました。

Photo: Hideyuki Suzuki/edgefotos

Share on Facebook

投稿日:19.07.09 | コメント:2 Comments »

RaceReport

61558762_2435445686572348_1945294424703500288_n

大会名: CJ-U八幡浜国際MTBレース2019
開催日:2019年5月26日
会場:愛媛県八幡浜市八幡浜市民スポーツパーク
コンディション:晴れ(ドライ)
順位:女子エリート4位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS IKON 29×2.20 (F), MAXXIS IKON 29×2.20 (R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (PRIZM ROAD Lens)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ Women’s
チェーンルーブ:フィニッシュラインe-bikeチェーンルーブ

国内のクロスカントリーでは唯一UCI class1である八幡浜国際MTBレースに参戦しました。
UCI class1ということもあり国際色豊かで女子エリートも4カ国の選手が出場しました。

コースは全長4.3km、前半はやや下り基調のシングルトラックが続き、後半は新設された急斜面のパワークライムや木の根が貼り巡ったシングルトラックがありました。
コースコンディションは連日の晴天で砂煙が立つほど乾ききっていて、下りはブレーキをかけてもききにくいほどパウダー状の砂地だったので、タイヤは前後IKONにしてブレーキとコーナリングのコントロール性を重視しました。
前日の試走ではコンディション調整がうまくいっておらず、体調が優れず集中力に欠けていて、軽くコースチェック程度にとどまってしまいました。

レース当日は5月とは思えないほど暑さでした。
比較的暑さには強い方ですが、暑くなる時間帯のレースに備え水分補給をいつもより多く取り、スタート前にしっかり身体を冷やすなど対策を取りました。
レースは5周回で行われました。
スタートは様子を見ながら走り始めましたが、徐々に先頭3人が一歩先に出て離れていき、第二集団の3番目でシングルトラックに入りました。
前日の試走が少なかったこともあり、なかなか上りでの力が入らず下りではなかなか前をパスできず、第一集団に離れていく一方でした。
最初の3周はとてもきつく、5周回走り切ることも出来るか心配になるほどでした。
しかし前日に受けたスポーツアロマコンディショニングのケアのおかげでラスト2周は力も入り脚も回り、徐々にペースを上げることが出来ました。
3番手に追いつくには手遅れでしたがそのまま順位を死守し4位でゴールしました。

1位 DORMITORIO Ariana Thea Patrice
2位 TSAI Ya Yu
3位 今井美穂
4位 末政実緒

今回は前回の朽木に比べると少し進歩が見られるようになりましたが、今回は特にレース前日までのコンディショニングがうまくいかず苦労しました。
以前なら準備から当日までレースに専念出来ましたが、これからは自分のケアも含めレースまでの準備など見直さなければと痛感しました。
レースを重ねながら改善していき、快適にレースが出来る環境を作っていきたいと思います。
次回は6月30日のCJ-U富士見パノラマに参戦予定です。
CJ-U富士見パノラマまで約一ヶ月、試行錯誤しながら更にレベルアップしていきたいと思います。

八幡浜国際MTBレースでの応援ありがとうございました。
最後になりましたが、今回レース期間中に娘の世話などレースに集中する環境を作ってくださった宮崎県宮崎市にある車楽屋輪店さん、ありがとうございました!

*写真は高野様のFacebookより拝借いたしました*

Share on Facebook

投稿日:19.07.09 | コメント:コメントは受け付けていません。

RaceReport

_SL57464_S
大会名:Coupe du Japon高島ステージ

開催日:2019年5月5日

会場:滋賀県高島市朽木スキー場
コンディション:晴れ(ドライ)
順位:クロスカントリー女子エリート3位

フレーム:LITEC HASSO T-29
コンポーネント: SRAM XX1 EAGLE
フォーク:ROCKSHOX SID WORLD CUP
ホイール:MAVIC CROSSMAX PRO
タイヤ: MAXXIS IKON 29×2.220 (F), MAXXIS Recon Race 29×2.25 (R)
ウェア/ヘルメット:FOX Racing
アイウェア:OAKLEY RADAR EV (PRIZM ROAD Lens)
シューズ:MAVICシークンスXCエリートシューズ Women’s
チェーンルーブ:フィニッシュラインe-bikeチェーンルーブ

2016年で一旦活動を休止し2017年に長女を出産し、2019年再びレース活動を始めました。
女性にとって特に大きな転機となる出産、子育てに加え、昨年足を骨折する怪我を負い自転車にも乗れない日が続き、何か目標を持ちたい、モチベーションを高めメリハリのある日々を送りたい、そんな思いで2019年クロスカントリーでレースに復帰を目指しました。
以前のように練習時間を多く作れない分、オフシーズン中に龍野MTB協会主催の大会で実戦的な練習を重ねていきました。
練習していく中で自分の今のレベルをどれほどかを確認する為、準備不足とは知りつつも公式戦であるCoupe du Japon高島ステージに出場を決めました。

コースは淡々と長い上りの続く脚力勝負ですがまとまった下りがあり、上り下り共に差のつきやすいコースでした。
路面は砂埃が立つほど乾いていてに大きい浮き砂利が多く、上りは浮き砂利でトラクションがかけにくく、下りは斜度がありタイトなコーナーが多いので滑りやすいコンディション。
コース、天候によって大きく路面状況の変わるMTBレースにとって重要なタイヤ選びですが、今季株式会社マルイ様よりMAXXISタイヤをサポートしていただくことになりました。
豊富な種類があるMAXXISですが、今回のタイヤチョイスはフロントは斜度のある下りでのグリップ、コントロール性を意識し少しノブの高いIKON、リアは上りでのトラクションを意識しIKONより少しタイヤ幅がありノブが低めのRecon Raceを選びました。

レース当日、肌寒かった朝から一変日差しがきつく気温もぐっと上がり始めた12時32分からスタート。
女子エリートは3.3kmのコースを4周回でレースが行われました。
2年ぶりのスタートライン立った時、懐かしい光景に自然と気持ちが高ぶります。
スタートから続く長い上りに備えペースを上げすぎないよう気をつけようと心がけましたが、スタートすると気持ちが前に出てしまい身体が付いていけずすぐにペースダウン。
みるみるうちに脚が回らなくなってしまい、下りで息を吹き返すも周回を重ねるごとに上りでの回転が落ち、苦しい時間が続き止まってしまいそうになることが何度もありました。
しかし、自分が走りたくて走っているのだし、貴重な時間を止まって無駄にするなんてもったいない!そう思うと、絶対に止めるものかと気持ちが前向きになりました。
1位、2位の選手との差は開く一方でしたが、最後まで諦めずなんとか3位でゴールすることが出来ました。

*レース結果*
1位 橋口陽子
2位 平田千枝
3位 末政実緒

2年のブランクはレースはもちろんのこと試走、レース前の準備など全てにおいて感じましたが、今回準備不足ながらレースに参戦し得たものは大きかったです。
出産、怪我で身体はゼロどころかマイナスの状態からのスタートで、頭の中に残る過去の記憶と今の身体の状態とのギャップは今も大きいですが、現状を受け止め新たな自分の走りを確立していきたいと思います。
子育てとレースとの両立にこれから苦労することも多いと思いますが、自分のやりたいことが出来ることに感謝し母として選手として全力で走っていきたいと思います。
2019シーズン応援よろしくお願いいたします。

Photo: Hiroyuki Nakagawa/SLmedia

Share on Facebook

投稿日:19.05.20 | コメント:コメントは受け付けていません。

RaceReport

 
私事ですが、皆様へ嬉しいご報告です。
この度、新しい命を授かることが出来ました。無事に安定期にも入り、今年の冬には新しい家族が増える予定です。
まだ見た目は目立ちませんが、少しずつ大きくなっていくお腹を見ているとじわじわと実感、嬉しさを感じています!
冬に良いご報告が出来るよう、十分体に気をつけていきたいと思います。
これからも温かく見守っていただければ幸いです。

末政実緒

Share on Facebook

投稿日:17.06.19 | コメント:コメントは受け付けていません。

RaceReport

_SL47589

長らくご無沙汰してしまいましたが、先週末に全日本選手権が開催されました。
ダウンヒル、クロスカントリーと2種目で全日本選手権に出場し始めて3年目、ダウンヒル、クロスカントリーとダブル優勝をすることが出来ました!
いつかはダブル優勝したいと思っていましたが、まさか今年実現出来るとは!
応援ありがとうございました!!
これに甘んじることなく、まだまだ進化しますよ〜。
レースの詳細はレースレポートをご覧ください。

ちなみに、MioProjectのトップページも全日本優勝記念になってます(^^)

*レースレポート*

<ダウンヒル>
大会名:第28回全日本マウンテンバイク選手権大会
開催日:2015年7月18日
開催地:長野県富士見パノラマスキー場
順位:DH女子エリート1位
天候:雨時々くもり(マッドコンディション)

フレーム:SARACEN MYST 27.5(カスタムサイズ)
フォーク:ROCKSHOX BOXXER World Cup
リアサスペンション:ROCKSHOX Vivid R2C
コンポーネント:SRAM XO1DH
ブレーキ:SRAM GUIDE
ホイール:MAVIC DEEMAX ULTIMATE
ペダル:MAVIC CROSSMAX XL
シューズ:MAVIC CROSSMAX
ヘルメット:KABUTO IXA-C
アイウェア:OAKLEY AIRBRAKE
ウェア: FOX
アンダー:C3fit
レース前サプリメント:MUSASHI CHEN
レース後サプリメント:MUSASHI NI, KUAN

_SL44835

ダウンヒル16連覇のかかる2015年の全日本選手権は、日本屈指のマウンテンバイクパーク富士見パノラマで開催されました。
一昨年、昨年と伊豆の修善寺で開催されてきましたが、今までに何度も富士見パノラマで全日本選手権が開催されており、私にとっては記録を積み重ねてきた思い出が詰まった会場です。
レースは常設Aコースの中盤からスタートし、途中からBコースに入る全長2190mの特設コースでした。
台風の影響で天候は雨、前日の雨の影響で試走は大幅に変更になり、タイム計測が出来るタイムドセッションもキャンセルとなりました。
雨をたくさん吸った路面は試走が始まると同時に一気に泥々になり、轍もみるみるうちに出来て行き走りにくい状態に。
レース当日も朝から雨、朝の試走を走る度にコースのコンディションは悪化していき、雨脚も強くなる中予選が始まりました。

<予選>
試走から予選の間にもコースコンディションはガラッと変わり、轍とニュルニュルとした泥に行く手を阻まれました。
自転車が動かなくなるほど泥が詰まり、途中自転車を下りないと進まない状態になってしまいました。
そして、押すと更に泥がつき自転車は重くなり、動かなくなりと悪循環で必死に抜けだそうと自転車に乗り進めると、動かなくなり前転。
しばらく泥と格闘しましたが、1位で予選を通過することが出来ました。

1位 末政 実緒 6:40.839
2位 中川 弘佳 7:19.407
3位 九島あかね 8:04.043

<決勝>
予選は全クラスの中で私が1番スタートでしたが、そこから他のクラスの予選、決勝と行われ多くのライダーが走り、更に雨も止んだため更なるコース悪化が懸念されました。
案の定、更に轍は深くなり、路面はまともにまっすぐ進まないほど滑り、泥も予選以上に重くなり全く自転車が進みません。
落ち着いて慎重に前に進んでいくと、前方に先にスタートした選手が見え始め追いつきました。
なんとか2名の選手を追い越す事が出来ましたが、途中緩斜面の路面では泥に阻まれ全く前に進みません。下りて自転車を押すも予選以上に重く、少し前に進んでは止まりを繰り返していました。
3人目の選手も前方に見え始め、自分の勝ちを確信しましたが、これ以上転倒やトラブルでタイムロスがないよう注意しながらゴールまで走り優勝。
過酷なレースでしたが、泥レースの慌ただしさが連覇の緊張をかき消してくれて、無事に16連覇を達成することが出来ました。

1位 末政 実緒 8:14.122
2位 中川 弘佳 9:20.531
3位 九島あかね 9:57.955


<クロスカントリー>
大会名:第28回全日本マウンテンバイク選手権大会
開催日:2015年7月18日
開催地:長野県富士見パノラマスキー場
順位:XCO女子エリート1位
天候:くもり時々晴れ(ほぼドライ)

フレーム:LITEC HASSO T-29
フォーク:ROCKSHOX SID WC RCT3 29″
コンポーネント:SRAM XX-1
ホイール:SRAM RISE60 29″
タイヤ:フロント:IRC MIBRO Marathon Tubeless Ready 29×2.0リア:IRC MYTHOS Tubeless Ready 29×2.0
ペダル:MAVIC CROSSMAX SL TI
シューズ:MAVIC FURY
ヘルメット:KABUTO ゼナード
アイウェア:OAKLEY Radar EV(PRIZM LENS)
ウェア: C3fit
レース前サプリメント:MUSASHI NI, CHEN, REPLENISH, ENDURANCE(朝)
レース中ドリンク: MUSASHI REPLENISH

_SL30546
前日までの天候とは打って変わって快晴の中、クロスカントリーが開催れました。
ダウンヒルでは今まで味わったことのない泥レースで、いつも以上に疲れてしまいクロスカントリーへの影響が気になりました。
そしてコースの試走もほとんど出来なかった為、コースレイアウトも路面コンディションもイマイチ把握出来ていないままスタートすることになりました。
全長4.41kmを女子エリートは4周回で行われました。
コースは5月に開催された富士見パノラマ大会に比べ、長く淡々と続く登りは少なくなり、登っては下りと繰り返すコースで前回より良い印象でした。
そして、前回からセッティングを変え、練習内容も自分なりに考え直して挑む今回の全日本選手権、良い方向に向かっているのか不安な気持ちもありつつ、今出来る事はやったと自信をもつように心がけました。

スタートの招集が始まると同時に雲が多くなり、空からは少し雨粒が落ちて天候悪化が心配でしたが、幸い悪化することなく少し暑さが和らいでくれ走りやすくなりました。
スタートは反応良く前に飛び出す事が出来ましたが、斜度のある登りに入ると徐々に呼吸と脚が辛くなり與那嶺選手、小林選手と抜きつ抜かれつを繰り返しましたが、1周目の後半下りセクションでダウンヒルのテクニックが生き、少し差を上げトップで2周目に突入しました。

2周目の前半の登りで後方から小林選手のプレッシャーは感じつつも徐々に呼吸が安定し、1周目で路面のコンディション、コースレイアウトの確認が出来たので、少し落ち着くことが出来ました。
3周目は気持ちにも呼吸にも少し余裕があり、ペースを上げれるところは少し上げていくと、少しずつ差が開いて行くのを感じました。
最終ラップ、追いつかれないように必死にペースを上げて行きますが、なぜか途中でこれが最終ラップかどうかが分からなくなってしまい…、ちょうどコースサイドにいた観客の方に聞いて確認。
4周目と聞き安心しましたが、気持ちが焦ったせいかペースダウン、その間に差を少し縮められてしまいましたが、なんとか後半の下りセクションまで踏ん張りました。
下りのセクションは落ち着いて走り、登りは最後の力を振り絞り、クロスカントリーも1位でゴール。

1位 末政 実緒 1:17:45.57
2位 小林可奈子 1:18:23.37
3位 與那嶺恵里 1:20:04.97

クロスカントリーは3年目、初めはダウンヒルの練習にと出始めたXCですが、いつかはXCも全日本で優勝したいという思うようになり、でもダウンヒルも走れる限りは連覇を続けたいという気持ちもあり、ダブルエントリーの道を選び走ってきました。
クロスカントリーに専念した方が良いのでは?という声も聞こえてきたこともありますが、両方勝つという事ににこだわった甲斐があり、今回DH16連覇を獲得しつつXCで初タイトルを獲得することが出来ました。
これからはクロスカントリーも追われる立場となりますが、まだまだXCライダーとして実力不足な部分は多く課題はたくさんあります。
これからも自分らしく、チャレンジ精神を忘れず進化し続けていきたいと思います。

これから8、9月とアジア選手権、世界選手権と大きな大会が続きます。
海外遠征はクロスカントリーのみに出場する予定です。
1ポイントでも多くUCポイントIを獲得出来るよう頑張りたいと思います。

全日本選手権、応援ありがとうございました。

SRAM/LITEC
末政実緒

Photo:Hiroyuki Nakagawa/SLmedia

Share on Facebook

投稿日:15.07.25 | コメント:コメントは受け付けていません。

« 前のページ | 次のページ »